IT業界ってそもそもどんなお仕事をするの?

プログラムやシステム開発を実施

ITの仕事をする際、案件やプロジェクトによってどのような仕事に携わるのか違っています。プログラムやシステム開発はITの仕事になっていて、開発言語を習得しないと戦力として活躍できないです。使用されている開発言語は案件やプロジェクトで異なっていて、JavaやC言語など色んな開発言語が使用されているのが特徴です。
その他にもプログラムやシステムにエラーやバグが発生していないかどうかテストする作業も大切なITの仕事になります。単体テストやシステムテストなどを実施していき、エラーやバグが発生しないプログラムやシステムを生み出さなくてはいけません。テストを行っていく事で、質の高いプログラムやシステムを提供できる為、多くの案件やプロジェクトで実施されているのが現状です。

ネットワークやサーバに関する作業

プログラムやシステムの開発だけではなく、ネットワークやサーバに関する作業のITの仕事です。何時でも快適な状態に保つ為には、ネットワークの監視が必要不可欠です。24時間365日監視しているケースも多いので、現代社会において必要不可欠なネットワークに関する仕事に携わっているエンジニアが非常に多くなっています。
また大切な情報やデータを大量に保存する事ができるサーバ関連の仕事も重要な仕事です。依頼内容に合わせて、サーバ構築を実施するだけではなく、快適な操作をする為にはLinuxなどの操作コマンドを把握する事が求められてきます。不正アクセスや改ざんなどのトラブルを回避できるように強固なセキュリティ対策を実施するのも仕事の一つです。